たぶん俺ってあれだから

前向きなのか後ろ向きなのか 俺って。。。

東京駅新幹線見学!東海道新幹線に入場したらいいものもらったよ!

夏休みも終わった9月の平日のことです。


仕事で休みが取れたので家族3人で東京へ遊びに行くことにしました。


我が家の家族構成は4歳の息子と30代の夫婦。


3歳ごろから新幹線に興味を持っていたい息子は絵本で見た東京駅の新幹線乗り場に行ってみたくてしょうがありませんでした。


テレビで新幹線が映ると「東京駅に行きたい!」と言うのが口癖です。


ということで今回は新幹線で東京駅まで行き、ホームからいろいろな新幹線を見て回り、さらにスカイツリー浅草寺を回って遊んでくることにしました。


外国人の観光コース並みにベタなところばかりです。

 

f:id:MossanJP:20170913224617j:plain

 


9月の平日 AM6:42 長野駅発 あさま に乗車

 

f:id:MossanJP:20170913225011j:plain


平日のため東京へ行くサラリーマンが多く、けっこう混雑しています。


3列側の席に座わると息子は新幹線の窓にかじりついていました。

 

 

f:id:MossanJP:20170913224708j:plain

 

新幹線が動き出すと少し驚いていましたが嬉しそうに私と妻の顔を見て動き出したことをアピールしてきます。


しかし、長野は山やトンネルが多いのでそれほど景色に新鮮さがなくしばらくすると車窓の景色には飽きてしまったようです。


一息つくとお腹が減ってきたようで朝買い込んできたサンドイッチやおにぎりを広げて朝ごはん。

 

 

 

 

 

東京駅に着くのはAM8:24予定です。


4歳の子供に1時間30分以上席でおとなしくしているというのは無理ですね。

 

何度か私と息子で車内見学をしてきました。


あさまは車内販売がないため飲み物やお弁当も仕入れることができず、これといった見物対象もありませんでした。


でも息子にとっては走っている新幹線の中でおしっこをしたということが印象的だったようで、うちに帰ってからもトイレに行くと「新幹線の中のトイレはシャーって水が流れるんだよね!」とあの時の話になります。


我が家のトイレが水洗じゃないってわけじゃありませんよ!流れる水の量が微量だったのが印象的だったようです。

 


車窓からの景色が都会的なビル群になってくると、「ここもう東京? ここどこ?」と息子の興味も窓の外に移ってきました。


そのうちほかの新幹線もすれ違うようになり、最初に出会ったのは黄色い帯が付いていたからE4系Maxのようです。


すれ違う在来線についても何の電車か尋ねられましたが電車の知識が乏しい私にはほとんど答えられませんでした。

 

 

 

 


そしてついに東京駅へと到着です。

 

f:id:MossanJP:20170913224951j:plain


サラリーマンたちはいそいそと荷物をまとめて出口へと急ぎますが、私たちはゆっくりと席を立ち最後に新幹線を降りました。


平日なのにゆっくりと旅行できるなんてなんか優越感です。

 


一旦ホームを降り、どのホームに他の新幹線が到着するのか確認します。


東北新幹線や北陸新幹線北海道新幹線は同一の乗り場になるので改札を出ることなく見学することができますよ。

 

f:id:MossanJP:20170913224906j:plain


この時はちょうど東北新幹線のE6系スーパーこまちとE5系はやぶさが連結して止まっていました。


息子もこれが一番見たかったんです。

 

f:id:MossanJP:20170913224922j:plain

 


やはり子供に人気があるようで次から次へと記念撮影をする子供や家族連れが絶えませんでした。

 


その他にも改札は違うので入場券の購入が必要ですが、東海道・山陽新幹線も見学が可能です。


大人分の入場券を購入して入れてもらうと、駅員さんから声がかかり「ボク これどうぞ!」と記念のシールセットをくれませした。

 

f:id:MossanJP:20170913224846j:plain


しかも、改札を出る時も別の駅員さんがくれたので2つももらってしまった。


息子もこのシールセットをもらえたことでとても満足したようで次の目的地スカイツリーへ向かうと言っても何文句を言いませんでした。


東海道・山陽新幹線の駅員さん朝の忙しい時間帯なのに本当にありがとう。