たぶん俺ってあれだから

前向きなのか後ろ向きなのか 俺って。。。

夏休みの思い出に大型カブトムシを捕まえよう。

今年は暑い夏になりました。
皆さん暑さに負けずに夏の思い出を作ってますか?

私の子供の頃の夏の思い出といえば昆虫採集でしたね。
いや、いまだに私は夏のイベントとして昆虫採集をしています。
夏になれば庭の木に仕掛けを吊しておくだけでカブトムシやクワガタがたくさんかかります。
早起きして今日は何匹捕まったかわくわくしながら仕掛けを確認しに行く時は小学生のときとかわりませんね。
大きなカブトムシのオスが捕まったときは誰かに自慢したくなりますよ。
今では捕まえたカブトムシやクワガタは親戚や知り合いの子供達にあげているのですがとても喜ばれます。

f:id:MossanJP:20150810003617j:plain

今日はそんな私のカブトムシ採集方法を紹介したいと思います。
一晩でも十分効果があるのでキャンプに行ったときなどに是非試して見てください。

 

 

 


【用意するもの】

針金 40cm
焼酎の空き容器(ペットボトル)
バナナ 2本
イースト菌 ひとつまみ
焼酎 100cc
ヒモ 20cm

 

f:id:MossanJP:20150810002052j:plain

 

 


【エサの作り方】

ビニールやタッパに焼酎を入れ、バナナを皮の付いたまま半分に切って全て入れます。
イースト菌も同時に入れて一晩から二晩漬けて置きます。
イースト菌を入れるのは醗酵させて臭いを強く出すためです。
カブトムシ達は鼻がいいので風によって流れてきたわずかな臭いで仕掛けまで飛んで来るのです。
室内でバナナが醗酵するとすごい臭いになるので私はジップロック付きのビニール袋を使います。

f:id:MossanJP:20150810002753j:plain

仕掛けのエサにはスイカや桃などいろいろありますが、私はバナナが一番効果的だと思っています。
スイカは水気がありすぎるので食べたカブトムシがよくお腹を壊します。
桃は甘くてとてもいい香りがしますが乾燥に弱いので何日も仕掛けるにはあまり適しません。
バナナにも蜂蜜を入れるなど人によっていろいろ違いがありますが、そこは自分なりの工夫をして採取できる数を増やすのが面白いところです。

 


【仕掛けの作り方】

カッターやハサミを使いますので気をつけてくださいね。
焼酎のボトルはきれいに洗っておきます。
2リットルのペットボトルでも構いませんがなるべく大きな物で深さがあるほうが入りやすく逃げにくいです。
まずカッターとハサミを使って入口を作ります。

f:id:MossanJP:20150810002842j:plain

黒く塗った部分が入口になります。

 

f:id:MossanJP:20150810002901j:plain

黒い部分の下側は残して3つ分ぐらいに開きます。

f:id:MossanJP:20150810003009j:plain

開いた部分は内側に折り曲げます。

f:id:MossanJP:20150810003054j:plain

返しを2cmほど作ります。

返しがあると入ったカブトムシが飛び上がったり、万が一登ってきても出られません。
返しを作ったら不要な部分は切り落とします。

 

次に木につるすために針金でわっかを作ります。

f:id:MossanJP:20150810003233j:plain

f:id:MossanJP:20150810003247j:plain

f:id:MossanJP:20150810003305j:plain

針金をボトルの口に巻付けてわっかを作ります。
何故針金を使うかというとヒモを使うとアリが登ってこれるからです。
バナナの匂いはカブトムシだけではなく他のいろいろな虫を呼んでしまいます。
特にたちが悪いのはアリです。
アリがいるとカブトムシも嫌がるので、アリが歩けないほど細い針金が有効です。

 

最後にヒモにいくつか葉の付いた小枝を縛ってボトルの周りに吊るします。

f:id:MossanJP:20150810003352j:plain

f:id:MossanJP:20150810003404j:plain

f:id:MossanJP:20150810003424j:plain


ペットボトルだけでは周りがツルツルでカブトムシが着地できる場所がないので、飛んできたカブトムシが掴まれるようにしておきます。

 


【仕掛ける場所】

仕掛けは特に高い場所などに吊るす必要はありません。
大人の目線ぐらいで十分です。
雑木林などに吊るすのがいいのですが、森の奥に入っていく必要はないです。
カブトムシは松やスギなどの針葉樹にはいません。
クヌギやナラ類の木を探すことがポイントです。

f:id:MossanJP:20150810003458j:plain


車などがあまり通らない場所がいいでしょう。
キャンプ場の近くなら大抵つかまりますよ。


【カブトムシの取れる時期】

関東では早い年は6月の後半からとれ出します。
富士五湖や八ヶ岳のキャンプ場周辺でならよく取れますね。
海辺ではなく山のキャンプ場がいいでしょう。
お盆が過ぎると急に夜の気温が下がるのでカブトムシの数が少なくなります。
9月の1週目が採集の終わりとなるでしょう。

 

 


カブトムシやクワガタをお店で簡単に購入するのもいいですが仕掛けをいろいろ考えながらカブトムシやクワガタの特性を研究して自力でとるのは思い出とともに知識が深まります。
是非80cm台の大型カブトムシを捕まえて友達に自慢してみて下さい。