たぶん俺ってあれだから

前向きなのか後ろ向きなのか 俺って。。。

カブトムシ めざせ100匹捕獲!

ときは過ぎ  ・・・すでに2017年の7月か



息子は無事に4才になり昆虫に興味を持つようになった!


まだまだ甘えん坊で私か妻がいないと外に出たがりませんが、そんな息子を外に連れ出す手段として考えたのがカブトムシ採集!!


幸い(?)我が家は山の中なのでカブトムシは庭でとれるんだな


簡単にとれすぎるので、息子と目標を設定しました。




「7月~9月までにオス、メス合わせて100匹目指そう!!」


「おぉ~!!」


f:id:MossanJP:20170719053114j:plain

ナイトツアーで蛾を避けながらGet!!



今日は7月18日でオス 48匹、メス37匹


7月中には余裕で目標達成してしまいそう・・・


目標をオス、メスそれぞれ100匹に変更しようかな










今年はやけにカブトムシの数が多い!


しかも日に日に捕まる数が増えてるから目標変えてもあまり意味ないかも



tofuku.hatenablog.com

春といえばよもぎ餅だよね(飾りつけでおいしさもアップ) とっても簡単な作り方だから紹介します 

パソコンの調子が悪くてしばらく記事を書くことができませんでした(T△T)

せっかく春のおいしいスイーツネタと思ってたのに気温はすでに20度越えの日々です。上着を着ていると汗が出てくるぐらいですよね。

でもおいしいよもぎ餅ができたので紹介させてください。

 

まずはヨモギの若葉を摘んできます。
乾燥ヨモギでもできますが、やはり春の香りなので柔らかい新芽を摘んできたほうが香りがいいです。

f:id:MossanJP:20160425202119j:plain

 真ん中の柔らかい部分だけ摘んでくださいね。外側の堅い葉を摘んでくると食べたときに口の中に筋が残りますよ。

 


摘んできたヨモギは良く洗って5分ほど煮ます。

f:id:MossanJP:20160425202141j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

煮えたら水にさらし、軽く水を切り、フードプロセッサにかけます。

フードプロセッサがなくても包丁で刻めばオッケーです(*^_^*)

こんな感じになったらヨモギの準備完了!

f:id:MossanJP:20160425202212j:plain

 

 

 

 

さて、ヨモギ餅の準備です

f:id:MossanJP:20160425202228j:plain

上新粉が100グラム、白玉粉100グラム、水が280~300cc。
ヨモギは適量。

 

まず、上新粉と白玉粉をはかり水を入れて混ぜます

f:id:MossanJP:20160425202246j:plain

 


良く混ざったら電子レンジへ

f:id:MossanJP:20160425202300j:plain

600Wで3分。

 

 

チンしたら取り出して木ベラなどで練ります。

f:id:MossanJP:20160425202336j:plain

熱いので気をつけてくださいね!

練ったらヨモギを入れて混ぜます。

ここでは完全に混ざってなくても大丈夫。

 


もう一回600Wで3分チンしたら、また熱いうちに木ベラでしっかり練ります。

f:id:MossanJP:20160425202352j:plain

鮮やかな緑になりました。

 

 


次はあんこを入れます。

水を多めに手につけて生地を適量手に取り、丸く広げます。

その上にあんこをのせます

f:id:MossanJP:20160425202426j:plain

くるっと丸めて、あんこを包んで形を整えます

片栗粉をまぶして完成~(*^_^*)

 

 

f:id:MossanJP:20160425202502j:plain

 

最後の盛り付けも重要ですよ。

盛り付けの器や見た目で5%ぐらいおいしさがアップしますヽ(^◇^*)/

 

 

入園式ですでに不安が的中

f:id:MossanJP:20160415000732j:plain

4月4日に無事入園式を迎えられたニボシは毎朝保育園へと出かけていきます。

 

入園式には私も立ち会うことができ、ほのぼのと息子の成長を喜ぶことができました。

入園式を撮影するため前日に「ビデオカメラの充電してある?」と妻に確認したら「バッチリだよ!」と返ってきたので安心してたんですが、当日撮影を始めると5分ぐらいで見慣れない警告のマークが出てる( ̄ー ̄;

「へぇ~!?」と小首をかしげてると2分ぐらいして「メモリー残量がありません」というメッセージが出てあえなく撮影終了。。。

以前に撮影したものはこまめに保存しておかないとだめですね。

入園式は入場シーンだけで終わってしまいました。(´ヘ`;)とほほ・・


スマホのカメラで写真ばかりの入園式となりましたが親としては息子の入園を心から喜んでおります。

式が終わると各組ごとに部屋へ分かれて先生からの説明を受け、その間子供たちは新しい教室で自分のイスと自分の机に座りおとなしく大人の話を聞いています。

いや、聞いていません。

そりゃそうですよね、3歳児が5分以上静かにするなんて不可能です。

こんな時は女の子の方がハキハキとしゃべりだします。「ねえねえ せんせいっ」とか「わたしカバンもってきたよ!」とかとにかく会話に割って入ってきます。

 

うちのニボシはというと。。。。 不安そうな表情でママを探してます。そしてママを見つけると「ママー ビャー」とついにやってしまいました。

不安が的中です、小心者のニボシ君保育園は不安で不安で仕方なかったようです。一度泣き始めるともうママの側から離れようとせずに抱きついてます。子ザルです。

我が子ながら。。。 

そういえば自分の保育園の時はどうだったかなと思いおじいちゃんに聞いてみると「0歳児から預けてたから特に困らなかったけどな」だそうです。

まあそうか。

 

ニボシ君的にはほろ苦い入園式だったかもしれませんが、翌日からはいよいよ一人で生活しなければなりません。

こちらの保育園では2日間は午前中(昼食無し)、次の2日間は午前中(昼食有り)、翌週からお昼寝有の1日保育という段階的なスケジュールになるそうです。

 

 

 

 

 

ニボシの近況

1日目:朝の登園時にママとの別れで大泣き
    お迎えの時も大泣き

 

2日目:朝家を出るときから「やだ やだ ママいっしょじゃないといかない」と警戒
    朝の登園時にママとの別れで大泣き
    お迎えの時はかろうじて泣かなかった

 

3日目:朝の登園時は泣きそうになるのを必死にこらえてギリギリセーフ
    お迎えの時は、はじめてのお弁当とおかずのハンバーグに上機嫌で笑って帰宅

 

4日目:週の初めだったために不安がぶり返して、朝の登園時にママとの別れで大泣き
    はじめてのお昼寝だったが寝れるわけはなくずっと先生におんぶしてもらていたらしい
    お迎えの時も大泣き

 

5日目:だいぶ慣れたらしく、登園時は泣かなかった
    遊び疲れてお昼寝もできた。
    お迎えの時も上機嫌だったとか

 


ニボシ君だいぶ保育園に慣れてきたようで一安心です。子供って順応性高いな。

ただ、最近保育園で感染性の胃腸炎が流行っているそうでそういうのはもらってこないでほしいな。

今までもニボシが風邪を引くと必ず私に移るんです、今後は私も警戒レベルを上げていかないといけないかな。