たぶん俺ってあれだから

前向きなのか後ろ向きなのか 俺って。。。

どうぶつしょうぎ!? へ~ これはなかなか知育にいいね!!

今日は夏休みに入ったのでドラえもんの映画版が放送されていたらしい。

 

私が帰ってきたのにニボシ(息子)は「おかえり」も言わずにテレビにかじりついていた(怒

 

夜8時を過ぎたのでのドラえもんのテレビも終わり布団の上で少し遊んでいると、急に思い出して

 

「パパ、しょうぎやろう!」といいだした。

 

ニボシには誕生日プレゼントとして去年の年末に本物の将棋盤と駒をプレゼントしていた。

 

しかし、まだ4歳なのでなかなかルールを覚えられないのと途中で飽きてしまうためあまり積極的には遊んでいなかった。

 

それがなぜか将棋をやりたいと言い出して、妻の後ろから何かを持ってきた。

 

私はさすがにこの時間から将棋を始めるつもりにはならないので「今日はもう寝る時間だからやめとこう」といったが、ニボシが嬉しそうに持ってきたのはこれだ!

 

f:id:MossanJP:20170805000721j:plain

 

私は全然知らなかったのだが、”どうぶつしょうぎ”というもので、調べてみると。

 

プロの女流棋士が考えたものでまだ将棋の普及していない年代に将棋に触れさせるのが目的で考案されたらしい。

 

10年ぐらい前に考案されるとかなりはやったらしいです。

 

現在では知育のおもちゃとしていいお値段で売っていました。

 

おでかけ どうぶつしょうぎ

新品価格
¥2,860から
(2017/8/5 00:20時点)

 

 


でもそんなたいそうなものではなく、うちの妻がママ友から聞いてきてちゃちゃっと作ったもので十分楽しめそうです。

 


将棋盤のマスは3×4


駒の数は4種類

 

 

f:id:MossanJP:20170805000805j:plain

通常の将棋の王になるのがライオン

 

f:id:MossanJP:20170805000822j:plain

銀にあたるのがゾウ

 

f:id:MossanJP:20170805000836j:plain

金にあたるのがキリン(?)

 

f:id:MossanJP:20170805000900j:plain

歩が1つだけでヒヨコ(?)

 

 

 

多少ルールは将棋と異なる点があるので以下で確認してみてください。

 3×4マスなのに奥深い・・・子どもも遊べる「どうぶつしょうぎ」の遊び方と魅力について|将棋コラム|日本将棋連盟

 

 

将棋は駒の動く方向が分かりにくいのが素人の第1関門となっていますが、どうぶつしょうぎの駒には動ける方向が赤い点で示されてます。

 

駒も4つしかないので普段から将棋をやらない、やったことのないママ達も子供と一緒に始めらるのもいいですね。


天才棋士と言われている藤井4段のこともあるので将棋がブームとなっていますが小さい子供に教えるのはとても大変です。

 

私もどうやって息子に教えていいものか迷っていました。

 

しかし今日、ニボシとどうぶつしょうぎで対戦していると、「これ動かしたら、次これでとっちゃうよ」とか「これは後ろには動けないからね!」とか積極的に次の手をアピールしてきます。

 

4歳というレベルにマッチしたどうぶつしょうぎにはちょっと感動しましたね。

 

手作りなら駒のキャラクターを子供の好きな物にいくらでも変えられます。

 

慣れてきたらマス目や駒の種類も増やしていき、本物の将棋に近づけていくのもいいかもしれません。

 

段ボールや紙があれば簡単にできます、とても手軽で楽しいので是非やってみてください。

 

 

ついにカブトムシ100匹捕獲達成!!

毎日捕まえたカブトムシの数をノートに記入させて足し算の練習をさせていたのですが、どうもニボシのカウント方法に重大な問題があることが分かったので、今夜改めてカブトムシのカウントを正確に行ってみました。

 

 

するとオスとメス合わせて120匹に到達していることがわかりました。

 


捕獲開始してからまだ20日程度なのにこの成果は近年まれにみる好成績です。

 

 

f:id:MossanJP:20170722000430j:plain


さらに100匹という数を飼育するのはかなりエサ代がかかり、大きな水槽をいくつも使わなければならないので場所を取ることから100匹の区切りで一旦カブトムシを逃がしてやることにしました。

 

 

私はてっきりカブトムシを逃がすことにニボシは大反対すると思っていたのですが、案外執着はなく「うん そうだね!」という同意の言葉が返ってきました。

 


しかし、ニボシも男の子!「明日のあさはなんびきつかまるかな?」とすでに次の捕獲に気持ちが移っています。

 

次の目標はオス100匹、メス100匹の捕獲です。

 


それからクワガタの採取も力を入れていこうと思っています。

 

不思議なんですが、ニボシはカブトムシのメスはつかめないのですが、オスは角を持てます。しかしクワガタに関しては何の躊躇もなくつかんで手のひらで遊んでいます。

 

たぶん、まだクワガタに挟まれた時の痛みを知らないんではないかと思いますね。

 

 

とりあえず昆虫採集という夏の大イベントにガッツリ興味を持ってくれたことは今年の夏の収穫です!

 

山の中とはいえ連日30℃越えの日が続くので明日は近所のプールへニボシと行ってくる予定です。

 

もう一つの夏のイベント海水浴もそろそろ連れていきたいですね。特に磯遊びの面白さを体験させてあげたいと思っています。

 

 

明日はプールに入ってかき氷が食べたい!!

 

ダジャレじゃれじゃれ

4歳前半まで会話の最中におやじギャグでダジャレをぶち込んでも完全スルーだったニボシ(息子)が最近やっとダジャレを理解してくれるようになりました。

 

これは親にとってはかなりありがたいことです。

 

寝起きのテンションが低いところでテンポよく着替えをさせたいときなんかにはダジャレで笑ってくれると行動速度が一気に上がります。

 

この時期はまだ低レベルのダジャレでも全然大丈夫です。

 

寝起きなのでなんの前触れもなく「布団が吹っ飛んだ!」と言っただけでゲラゲラ笑っています。

 

しかし、まだ自分からダジャレを考えられるほどボキャブラリはありません。

 

「ニボシもダジャレ考えてみな」というと「ダジャレじゃれじゃれ ギャハハハ」と帰ってきます(笑

 

しかし、タイミングよくNHKのだじゃれDE一週間を放送しているようで、最近では帰宅すると「おかえり」より先に「月曜日がはじマンデー!!」と言われます。

 

 

 

NHKはいい歌つくるなー